はじめまして~~100131 TakuDSC02003.jpg

My Favorite Things....

黒いプードル,タク(体重7.5kg,体高40cm超)の飼い主のブログです。 My favorite thingsや時にunfavorrite things?も交えて,不定期にアップします。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/29

トイプー&コッカプーの集まり

ドッグランの話の前に、
Taku_extention.jpg
トリミングした直後のふわふわストレートヘアーのタクです。う~ん、美しい(←親ばか) 2日もすると、元の天然パーマに戻りますが・・・

*****
1週間遅れのアップです。23日(日)、田奈のドッグランに、たくさんのプードル仲間たちが集まりました。当日は、風もなく暖かく、ドッグラン日和でした。それにしても、電車をいくつも乗り継いで、都会のウォーターフロントから来てくれたネロままさん、お疲れ様でした。

集まった仲間たち。「黒ぷー」「でかぷー」そして「男の子」が多いですね!結局、女の子は小梅ちゃんだけ!
RyanLuke.jpgルークとライアンJimmySabu.jpgジミーとサブレnerolupo.jpg ルポとネロ
トイぷーといっても、個体差や毛の色の違いに加え、トリミングの仕方によって、ずいぶん外見に違いがあります。タクとネロ君は、トリミングを同じにしたら、たぶん大きさといい顔といい、そっくりだろうと思います。

お次はコッカプードル君たちです。・・・が、皆さんにお会いして人も犬も話?もはずみ、私はすっかり写真を撮ることを忘れていました。 ですので今回、私の連絡ミスのため、いらっしゃれなかったとら吉君のサイトから拝借しました。
lexi.jpg レクシー koume1.jpg 小梅
コッカプードルも、コッカーがよく出ている子とトイプーがよく出ている子がいるのではないかと思います。

当日は、一頭ずつそれぞれの飼い主が自己紹介、といった状況ではありませんでした。
ドッグランで初めて会って仲良しになったワンコたちもいましたし、昨年の6月以来の2度目の遭遇の、ポー君やラムちゃんも!うちの甥っ子も小学生の友達ができてすっかり友たちに。とのかく、誰が誰だか、何がなんだか・・・
manydogs_1.jpg 池の鯉状態! manydogs_2.jpg

タクにとっても今回は収穫がありました。どういうわけか、レクシー君が大のお気に入りだったタク、ひたすらレクシー君を追いかけてました。ドッグランに行っても、動かないのが定番の彼とは思えない行動。「うちの犬は●●だから・・・」ではなく、犬は日々進化していくようです。
おとなしい子も臆病な子も、元気いっぱいの子も、リードはずして犬同士、みんなそれぞれとても楽しそうでした。はい、もちろん、飼い主たちもね!

レクシー君と小梅ちゃんが帰ってから、「あ、恒例の集合写真、忘れてた」と気がつきましたが、あとの祭り。 ドッグランの片隅に、なぜか置かれている壊れたベッドの上での集合写真は、トイぷーだけになりました。
ToyBlackx5.jpg
甥っ子もとてもよい笑顔。ジャニーズ事務所に応募できるかな?← 叔母ばか!
Kokidogs.jpg

楽しい一日でした。また近いうちに、集まりましょう!
スポンサーサイト
2008/11/13

100万円だったワンコ、幸せに暮してます!!

2年前の12月、青葉台のペットショップで100万円のトイプーが売られていました。ひとケタ間違っているのではないかと思うほどの高額。犬ともだちの間で、かなり話題になり、わざわざ見に行ったりもしました。

この写真は、当時、レクシーままさんがとって下さったもので、生後3か月半でわずか700gでした。年を越して値段は93万円くらいに下がっていました。・・ったって高いすぎるけど。
100manen_wan.gif
パパが日本チャンピオン。これだけ小さなトイプードルは珍しいとのことでしたが、「なぜにこのような高い値がつくのか? こんなに高くて、こんなに小さくて華奢なワンコを誰が買うのか?」vと疑問だらけでしたが、とにもかくにも、一日も早くよい飼い主さんに巡り合うことを望むばかりでした。 が…やっぱり、この子はいたのです。何か月たっても・・・。そのペットショップの同じケージに。少しずつ値引きされながら・・・

そして2年後

私は、11月2日のブログに「極小と極大」のタイトルで、以下の写真を載せました。あの時の子によく似ているなあ、とは思っていのです。最初に会ったときに。
DSC01536.jpg
それで、今朝、再びお散歩の途中で会ったので、思い切って聞いてみたのです。
私「もしかしたら、青葉台のペットショップでお求めになった?」
ママ「ご存知でしたか? そうなんです。あの時の、あの子なんです」

実際に購入したのは、ママさんの弟さんだったそうです。いつまでも買い手がつかず、気になって毎日のように見に行って、(とはいえ高すぎて買えない)、そのうち来週には処分されると聞かされたそうです。店の雇われ店長さんから、涙ながらに、飼い主になってもらえないかと言われ、家族にされたのだそうです。お値段ですが、最初の100万円からは相当割引になりましたが、それでもタクが2匹買えるほどのお値段。よくぞ助けてくださったと思います。

ところが弟さんは飼いきれず、今のママさんのところにやってきました。
お名前はミルクちゃん。現在2歳で1500グラム足らずです。(極大タクは、生後2か月で我が家にやってきたときに、そのくらいありました
Milk
この写真を見れば、おわかりですね!
そう、ミルクちゃんは、すばらしい家族に迎えられ、とてもとても幸せに過ごしています。ミルクちゃん、よかった!

****

一度骨折したときは、地元の病院では対応できず、大学病院で手術をしたし、肝機能が弱く、食も細く、常に注意を払っていないといけない。そんなミルクちゃんを、ご家族は、とてもとても大切に育てています。

しかし、ペットショップの販売方法には大いに疑問を感じます。いったい、トイプー100万円の根拠は何なのでしょう? 血統がいいから? 血統がいいからだけではそんな値段にはならないと思うのです。第一、この子は極小の虚弱体質です。ペットショップは、飼い主が病弱な子のために、病院通いをしなければならないことが分かっていて、100万円の値をつけていたということになります。

「来週には処分される」と言えば、心のやさしい飼い主さんが、買い求めてくれる、そういった勝算もあったのではないか」などと思ったりもしています。

ミルクちゃんは、奇跡的にこうして幸せに暮らすことができましたが、育ちすぎたとか、人気犬種でなくなったとか、いろいろな理由で、処分されている犬がたくさんいるのだと思うと、辛くなります。

さて、今、同じペットショップには、ミルクちゃんの兄弟が、90万円で売られています。同じ白いトイプー。ミルクちゃんよりはだいぶ骨格がしっかりしていて、普通に小さなトイプーですが・・・。また、この子の行く末が心配です。



2008/11/03

奈良川源流の収穫祭

昨日(2日)、近所の収穫祭に行ってきた。犬を連れていってもOKなのでタクも一緒。
きれいな彩でしょう?
日本昔話に出てくるような、素晴らしい景色―玉川学園の敷地に隣接するここは、奈良川源流と呼ばれているエリアで、玉川学園と地元の農家の人と、そして源流を守る会のボランティアの皆さんのおかげで、奇跡的に美しい農村風景が保たれています。
→5年前のタクのホームページもご参照くださいませ http://www.ne.jp/asahi/hiroko/info/album4.html
Keina.jpg
稲刈りの終わった田んぼでは、ケイナの演奏も。谷間に響き渡る音色に癒される。
収穫祭では、新米のおにぎり、具だくさんで最高においしいけんちん汁、里芋、さつまいも、冬瓜等々とれたての野菜などが販売されます。ホカホカの焼き芋も超美味!
いつまでも、このままで残していけるよう、協力していかなくてはいかない、と思う。
Randy.jpg
帰り際に、幼ななじみのランディちゃんに会った。(同じ5歳、3キロちょっと。タクの半分もない)SleepingTaku.jpg
家に戻り、焼き芋のおすそ分けを受け、気持ちよく寝入るタク。頭に血が上ったりはしないのだろうか?犬は・・・

2008/11/02

極小と極大

トイプードルといってもかなり大きさが違います。
右側は、まだ4か月でお散歩デビューしたばかりのモカちゃん。
そして注目は、左側の白い子(ごめんなさいお名前を忘れてしまった!)もう2歳、成犬です。体重は何と1.5キロ!モカちゃんより、さらにかなり小さいです。
体重8キロの極大のタクと比べればとの違いは歴然!ですね。
DSC01536.jpg
小さく育った犬同士を掛け合わせていくことで、スタンダードからトイを作ったと聞きます。トイプードルという犬種がいるわけではないので、大きさにばらつきがでるのですが、それにしても、この違いは!!!

この小さ~~いトイプーちゃん、肝機能が弱く、食べ物には常に気をつけなくてはいけないのだそうです。骨折したこともあって、その時は、一般の獣医さんでは治療できなくて、麻布(獣医)大学の病院で手術をしてもらったとのこと。ママさんは「小さい方が楽かと思ったら、大変だった」とおっしゃってました。
小さい子も大きい子もどちらもかわいいけど、健康な方が飼い主は助かるなあ。(重いけど)


■  プロフィール

タクまま

Author:タクまま
タクまま
翻訳(英訳・和訳)と英語教材作成を主な業務とする、Japan Language Forumという会社を自宅でやっています。
仕事以外のすべての時間を、最愛のタクに捧げる日々?を送ってます(笑)

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  カテゴリー

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。