はじめまして~~100131 TakuDSC02003.jpg

My Favorite Things....

黒いプードル,タク(体重7.5kg,体高40cm超)の飼い主のブログです。 My favorite thingsや時にunfavorrite things?も交えて,不定期にアップします。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/25

フォークダンスの練習

しつけ教室アウラの春の運動会101まであと1か月ほどです。
今年は、なんと!グループでフォークダンスを踊ります。
模範演技


A)左足から4歩 + 犬を左体側で一回転させる x 2
B) 左足からダブルスキップ x 2 + (犬) スワレ・フセ・スワレ・タテ
                    (人・右足) 前へ・後ろへ・前へ・揃える

A)+B)を繰り返す
C) 犬にスワレ・マテさせて、人は犬の正面へ + マテのまま、人が左回りで一周(8歩)
                       マテのまま、人が右回りで一周(8歩)
D)(人)バックしながら犬を前に誘導(8歩)+ (犬)スワレ・マテ
(マテのまま)犬の周りを左回(一周8歩)+犬の正面に戻って、右回(一周8歩)
E)(人)バックしながら犬を前に誘導(8歩)+ (犬)スワレ・マテ
(マテのまま)犬が人の周りを4周

ここで進行方向が逆転
A)B)A)B)C)D)E)を繰り返す

犬と対面で、キメのポーズ(犬のお尻を上げさせたままのフセ)

レッスンでやってみて思ったのは、まずは「人間が」手順をしっかり覚えなくてはいけないということ、それからオヤツのタイミング。

何度かタクと家で練習してみたのですが、私の指示が悪いからか、楽しくないからか、両方でしょうが、とにかく、タクのテンションがどんどん下がる。しまいには、オスワリすらやらない… 。タクは、叱咤激励は糧にならないタイプ。焦りは禁物。楽しいことやろう!という気分を作らなくては…とは思うんだけど

まずは、音楽と体の動き、犬の誘導のタイミングを、人間だけで自主トレしてから、の方が無難のようです。

当日は、上手にできるペアの後ろを、タクと一緒にただ歩いているだけでも、まあいいか。と、実は思っていたりして。でも、楽しみです。          
   



スポンサーサイト
2009/03/22

ルーク君2度目の誤飲事件と、内視鏡

ちょっと前ですが、同じマンションに住む、白ラブのルーク君(1歳半)が、またまた、ゴム製のおもちゃを飲み込んでしまいました。またまたと言ったのは、1歳半になるこの子、昨年10月にもおもちゃを飲み込んだのです。
ちょっと困ったちゃんだけど愛すべきルーク
最初の誤飲事件に興味のある方は、こちらをどうぞ
http://hirokojlf.blog24.fc2.com/blog-entry-101.html
http://hirokojlf.blog24.fc2.com/blog-entry-102.html
昨年来、飼い主さんはもちろん、散歩仲間一同、ルーク君には気をつけていたのですが、今回「まさかこんなに大きなおもちゃを」という大きさのものを飲んでしまいました。前回があまりに大変だったので、今回はかかりつけの獣医さんから、内視鏡での施術を扱う獣医さんを紹介してもらいました。

大きなおもちゃだったので、「内視鏡では無理かも…。また手術になったらえらいことだ」と心配していたのですが、無事、内視鏡で取ってもらうことができました。ルーク君がお世話になったのは、東名の川崎インターのそばの病院だそうです(前は美しが丘にあったらしい)。

犬にも内視鏡での施術が可能だとは知らなかったので、びっくりしたのですが、私の仕事場の近所に「内視鏡・腹腔鏡」を専門に扱う獣医さんが開業しました。
サイトを見ると「当院では、内視鏡下での避妊手術、停留睾丸摘出手術のご要望が増えてきたこと、
難治性の血尿・下痢、嘔吐の診断、無症状であるのに肝酵素が常に高値を示す症例の診断が必要となってきたことから、内視鏡外科センターを開院することになりました
」と書いてあります。
興味のある方はどうぞ→http://www.sasazuka-vet.jp/contents/index.php

内視鏡に対応できる獣医さんは少ないと思いますが、全身麻酔のできない子、お泊りが苦手で体調を崩してしまう子も多いので、こういった選択肢もあるというのは朗報かと思います。

金額については聞かなかったのですが、少なくともルーク君の場合は前回よりかなり安かったはずです。

もちろん、誤飲しないようにさせることが何より大事ですが・・・

■  プロフィール

タクまま

Author:タクまま
タクまま
翻訳(英訳・和訳)と英語教材作成を主な業務とする、Japan Language Forumという会社を自宅でやっています。
仕事以外のすべての時間を、最愛のタクに捧げる日々?を送ってます(笑)

■  リンク

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  カテゴリー

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。