はじめまして~~100131 TakuDSC02003.jpg

My Favorite Things....

黒いプードル,タク(体重7.5kg,体高40cm超)の飼い主のブログです。 My favorite thingsや時にunfavorrite things?も交えて,不定期にアップします。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/23

おねだり第二弾

ご好評につき?おねだり犬の第二弾です。
超アグレッシブなのは、ご近所の美容院の看板犬スキッパーキーのクロッキー君3歳です。



なんか、クロッキー君のうしろで、地味に「おやつ」を待つタクも・・・笑えます。

「スキッパーキー」はあまり見かけない犬種ですが、ネットで調べたら、
「ベルギーのフランドル地方の牧羊犬「ルーベルナール」を数百年前に小型固定化した犬種。『小さな体をした大型犬』のようでとてもエネルギッシュで好奇心が強く大胆不敵です。そのため初心者などには不向きな犬とされていますが、訓練し、慣れれば知的で、可愛く面白い犬という評価をされるでしょう」とありました。
クロッキー君も、とてもエネルギッシュですが、無駄吠えもなく、人懐こく、お利口で芸達者です。

この対称的な2頭の違いは、単に「スキッパーキー」と「トイプードル」の違いというわけではないように思います。証拠写真をご覧ください。
3年ほど前に、仲良しトイプー仲間の集まりの際のものです。
左から ライアン君&ルーク君、サブレ君&ジミー君…そしてタクです(笑)
Yowamushitaku1.jpg


スポンサーサイト
2009/09/20

タクのおねだり「ガウガウ」

うまくいかない…ものだ

フリースタイル、あれ以来、毎日、ほんの少しの時間ですが、タクと練習をしています。タクは再び、とてもよく動くようになっています・・・が、時々、座り込んで体を掻きはじめたりすることもあり、なかなか難しい。あせらずゆっくりと・・・と思っていますが・・・

今日はタクのGレッスン。
始まる前、黒ラブのルイちゃんのママが、
「抱っこしてもだいじょうぶですか?」と聞いてくださり、うっかりして「ええ、だいじょうぶだと思います」と答えてしまった。そうしたら、ママさんの手をガブッ!
ママさんの親指と人さし指の付け根のところに歯形が… ああ、本当にごめんなさい!
タクは抱っこされることは大好きなのだが、抱き上げるときに注意が必要だった。レッスンで何度も会っていて慣れているから大丈夫だろうと思った私の判断ミス。私がわるい。

今日は、フリースタイルはやらなかったけど、タクとアイコンタクトができなくて、何をやってもうまくいかなかった。問題は相変わらず、テンションの上がらない私に問題がある。でも、これが…私にとっては大層むずかしい。 

…と落ち込んでいても仕方ないですね。
で、こちらは、タクのおねだり「ガウガウ」動画です。
オヤツとかほしいとき、タクはガウガウ言います。最初、小さい声だから、ボリュームを最大にして聞いてね!

こういうときは、すごーくタクも集中するのですが(笑い)
2009/09/06

フリースタイル・・・限りなく落ち込んでマス

2週に1度のタクのアウラのレッスン、3回シリーズで「フリースタイル」に挑戦しました。
前回のアウラの春の運動会では、犬とフォークダンス(オクラホマミキサー)をみんなで踊りましたが、今回は第二弾デス

1回目: いくつかの基本ルーティンをマスター、ルーティンをつなげてひとつの形に。
2回目: 各自、お気に入りの曲を決めてCDを持参。みんなの前で披露。
3回目: オリジナルのトリックやアレンジも入れて1曲を仕上げてみんなの前で披露。

というスケジュールでした。
旅行の間、西田先生のお宅にあずかってもらって、集中力抜群、超いい子になっていたタクは、1回目も2回目も、もう驚異的な出来のよさ! あまりにもタクが集中してよく出来るので、いつも焦りまくりの私も余裕をもって楽しい、楽しい、・・・楽しかった(←ここで過去形になるのであります)

他のお友達ペアのダンスを見てて、「あ、こんなことも入れたらよさそう」「あ、バックとかもできるといいな」などと、だんだん欲がでてきた私。このあたりから、オカシクなってきました。どうってことなく上手にターンしていたのに、全然ターンをしなくなりました。途中で伏せ状態で動きません。・・・だんだんあせってくる私。 ますます動かなくなるタク。

・・・という最悪状態で、今日、3回目のレッスンを迎えました。

やっぱり、全然ダメだった。 「ダメだできない」と私が思ってやっているのでダメなのですよね。タクに対して、声掛けや励ましが全然できない・・・。 

タクと私は、人の何倍もかけて、ゆっくりゆっくりと、少しずつ少しずつ、できることを増やして、そうやって楽しみを共有してきたはずなのに、5年以上もレッスンやってきて、よくわかっているつもりだったのに、ついつい、他のお友達たちと比較してしまう私がいます。他のお友達が、とってもいい感じで踊っているのを見ると、あせってしまって、タクに無理を強いてしまっているノデス。

先生からも、「タクではなくて、すべて小林さんの問題」と指摘されて、ほんとにそのとおりなのです。

tired taku

おとなしいし、犬にも人にもよく慣れて、「タクはすごくいい子なのに、いったい私は、これ以上、何を求めているのだろう」とタクの寝入る姿を見ながら、果てしなくく落ち込んでいる私です。














■  プロフィール

タクまま

Author:タクまま
タクまま
翻訳(英訳・和訳)と英語教材作成を主な業務とする、Japan Language Forumという会社を自宅でやっています。
仕事以外のすべての時間を、最愛のタクに捧げる日々?を送ってます(笑)

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  カテゴリー

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。