はじめまして~~100131 TakuDSC02003.jpg

My Favorite Things....

黒いプードル,タク(体重7.5kg,体高40cm超)の飼い主のブログです。 My favorite thingsや時にunfavorrite things?も交えて,不定期にアップします。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/11/27

足、なめないでヨ~!

イノコヅチの実を除去してもらって熟睡したタク、今朝、靴下をコーギーのチャーリー君のママに手伝ってもらって傷口をチェックしたら、かなりふさがっている。「ワーイ、この調子だと治るの早いかも」と気をよくして町田に買い物に。

戻ってみたら、靴下の先がかなりぬれてる。靴下に血も滲んでる。何か嫌な予感・・・

夕方、トイプーのミオちゃんのママのお宅へ行って、靴下の取替えを手伝ってもらった。嫌がるタク。猛烈に嫌がる。ミオちゃんのママに向かってうなり声。このままでは噛み付いてしまうので、断念。

困った私は、夕食後、再び獣医さんの元へ。車の運転のできない私、タクをケージに入れて、バスに乗ってと一仕事。先生に傷口を消毒してもらい、サポータのような包帯を巻いてもらいました。Jリーグの選手みたいだぞ、タク。やれやれ、これで今晩はゆっくり寝てくれそう。

先生にお願いして、明日からは、事務所に行くときにタクを獣医さんにお預けして、仕事帰りに引き取ることにしました。タクは、獣医さんのところにお預けしている間は、おりこうにしてて、包帯をなめまくったりしないので・・・。

もう少しの辛抱だぞ!あと1週間もすれば、傷口もふさがるでしょう。
タク、私もつらいのだ。タクも頑張れ!


スポンサーサイト

コメント

こんにちは~。
 タクくん、皮膚の中がジワジワと膿んできて、とうとう痛みにかわってしまったのですね。毛に覆われている部分だから気がつかないのも仕方ないですよね。
 サブレの場合は、噛まれた部分はちょうど人間の手の甲で、短かくバリカンをしてあったので、傷口が一目瞭然。腫れていたし、その日のうちに病院に行ったので化膿しないですんだのだと思います。舐めたりもしませんでした。先生が「牙の一部が中に残っている場合もありますので一応レントゲンを撮ります。」と言ってとってくれて異常なし。だけど、「もし中に何かのばい菌が入り込んでいる場合もありますので、腫れが引いていかなかったら来てください。」と抗生物質を下さいました。
 タクくんも早くお薬が効いてよくなりますように!
2005/11/28(月) 08:54:26 |URL|ジミーママ #- [編集]
ジミーママさん、ありがとうございます。

なるほど、サブレちゃんは、その場で異変に気がついて、すぐに処置ができてよかったですね。

私の場合も、トリミングに出してなかったら、もっと気がつくのが遅れていたと思います。1ヶ月に1度のトリミング代は痛いけど、全身を、それこそ耳の中まで、定期的にみてもらっていると考えれば良いのでしょうね。

足先も、短くバリカンしておいたほうが、自分でもチェックできるし・・・。

ところで、ペットショップの、茶色のプードル、売れてて良かったですね。私は、ついに「ジミー三兄弟!」になるのかと思ってましたよ(笑)
2005/11/28(月) 12:13:33 |URL|タクまま #PaK5/ZHM [編集]
こんにちは。黒い子って、ほんとわかりにくいですよね。
以前、サブレが来て2ヶ月目の頃、リードがからまってジミーのマズルに噛み付いたことがあるんです。よ~くチェックしたんですが、痛がる様子もなくそのままでした。後日、私がマズルのバリカンしていたら、「???ハゲ?」と思った部分が、以前かみついたであろう場所でした。やっぱり傷ついていたんですね。。。。自然治癒してました。
 デカレッド君、皮膚病が悪化していて、尚且つ投売り価格だったら、、、、連れて帰っていたかもです。でもよかった~。
 タク君、もう少しの辛抱だ、頑張れ~。
2005/11/28(月) 21:58:52 |URL|ジミーママ #- [編集]
パコラ掲示板に書き込んでいただきありがとう!
それに対するコメントなので話がずれていてすいません!

なるほど!そのようなお話はよく聞きます!家の人、つまり慣れている人にだけ特に何か嫌なことをすると怒るのですね?それならば参考になる体験をされている方々がいると思います。警備隊の中でもいらっしゃると思います。色々な人に触られたり、色々な犬に怒られたり、遊んだりして、年齢が進むと段々落ち着く傾向があるとも聞きますが、十人十色です。家はそういう傾向の子(子犬の時)に流血覚悟で部屋の隅に追いやり、私が四つんばいになって襲いかかってもう子犬を殺す(オーバーですが、)気持ちで逃げられない状態にしてかなり長く押さえ込み、ゆっくり力を抜いていってまた暴れそうであれば、また力を入れてを繰り返して(30分位やりました)やっと観念して、その後におやつを上げて怖がらないようにしてお腹をさすってやり、何とかそれ以来私には怒ることは無くなった経験がありますが、一歩間違えれば関係悪化、その時の傷も少しまだ残っています。(近所のトイプードル)今は会えば喜んでくれます。そして「う~!」となっても目を合わせるとだまりますのでこれはたまたま良かった結果と思っています。ただよくある「褒めれば良い」だけではどうか?と今でも思っています。パコタリはたまたま外弁慶だったので、家では騒ぎ狂いますが、凶暴性は全くないので最初はプードルとはこういうものだ!と決めこんでいました。甘かったです、、、
でもテリアファンの方もそうですが、その難しい中を乗り越えてできた絆にシビレル!(笑)方も多いのも事実です!ゆっくりがんばりましょう!フレ~フレ~デイズ!
2005/11/28(月) 23:50:16 |URL|天定です! #EKsGaSlY [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://hirokojlf.blog24.fc2.com/tb.php/15-d812edfb

■  プロフィール

タクまま

Author:タクまま
タクまま
翻訳(英訳・和訳)と英語教材作成を主な業務とする、Japan Language Forumという会社を自宅でやっています。
仕事以外のすべての時間を、最愛のタクに捧げる日々?を送ってます(笑)

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  カテゴリー

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。