はじめまして~~100131 TakuDSC02003.jpg

My Favorite Things....

黒いプードル,タク(体重7.5kg,体高40cm超)の飼い主のブログです。 My favorite thingsや時にunfavorrite things?も交えて,不定期にアップします。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/27

悲しすぎる自殺

「いじめ」による悲惨なニュースは年毎に多くなっているように思えます。つい最近、愛媛県の中学1年生の男の子が、3年間に及ぶいじめに耐えかねて自殺してしまいました。

小学校は1学年1クラス、中学もそのままのメンバーで持ち上がりなのだそうです。新聞に、この男の子の遺書が掲載されていて、あまりにもかわいそうでおとといから涙ばかりでます。

■遺言書
 最近生きていくことが嫌になってきました。クラスでは「貧乏」や「泥棒」と言う声がたえず響いていて、その時は悲しい気持ちになります。それがもう3年間も続いていて、もうあきれています。それに、毎日おもしろおかしくそいつらは笑っているのです。そう言うことでこの度死ぬことを決意しました。

 私が、死んだ後の物は(弟2人の名前)で分けて下さい。机にある小判は私だと思って持っていて下さい。

 (弟2人の名前)は僕の分まで長生きして、いい職について下さい。
 いつも空から家族を身(原文のまま)守っています。

 さようなら
 いままで育ててくれてありがとう

 母さん父さん

 By.(男子生徒の名前)


この男の子は何て優しいのだろう。何でこんなに優しい子どもが傷つかなくてはいけないのだろう?人間って何のために生きているのだろう。どうして「ふつうと少し違っている人」を排除したがるのだろう?

事件のあと、決まって学校側はこう言う。「1人で抱え込まないで相談してほしかった。」相談?できるわけがないでしょう。こういう子はとても優しいのだ。相談することで親や兄弟やいろんな人に迷惑をかけたくないのだ。もちろん相手の報復だって怖い!

仲良くしてくれなくてもいい。排除しないでほしい。

私は父親の仕事の関係で子どものころ2~3年に1度のペースで転校していた。中2のとき、福岡から広島に引っ越したのだが、中2の1年間は全く友だちができなかった。「いじめ」は全くなかったのでこの子の気持ちがわかるなどとは言えないが、友だちのいない1年間は本当につらかった。今でも「グループ分けのときにはみ出している自分」、「遠足のときに一緒にお弁当を食べてくれる友だちを探そうにも探せないでいる自分」の夢をみることがある。

虐待、いじめ・・・。どうしたら防ぐことができるのだろう?マイナーな存在になったことのない人たちには、マイナーな人間の気持ちはわからないだろう。本人たちは「その程度のことで」と思うのかもしれない画・・・。仲良くしてくれなくてもいい、とにかく排除しないでほしい。
スポンサーサイト

コメント

 この事件の記事は読みましたが、遺書な初めて拝見しました。我々が子供の頃は、まだ「いじめ」という言葉が無かったように思いますが、子供だった私の耳に入ってこなかっただけでしょうか?ですが、タクままさんのご経験も辛かったでしょうね。私も古い記憶を思い起こすと、いつも一人ぼっちっていう子が中3の時にいましたが、特に寂しそうでも無いと思っていました。今思えば、きっとさみしかったのでしょうね。。。。。
 「貧乏」「泥棒」、、、言っている方は何でもない言葉と思っても、言われた方は深く傷ついてるのでしょうね。言葉の暴力は、ある意味、身体を傷つけられる以上にグサリとナイフのように突き刺さりますよね。
2006/08/27(日) 20:54:16 |URL|ジミーママ #- [編集]
その子は死んだあとのことに期待するしかなかったんだろうね。
まだ若いのに一生懸命我慢して一生懸命考えて決断したんだろう。
でも、たぶん後悔してる。
2006/08/29(火) 22:26:18 |URL|悠 #- [編集]
本当に悲しいです。まだ中学1年生。生きてさえいれば、これからきっといいことが沢山あった。少なくとも彼には彼を無条件でささえてくれる家族があるのに・・・。
米国などでは、学校に通わないで遠隔プログラムなどで教育を受ける家庭も多いと聞きますし、こういった子達が追い詰められないような方法はないものでしょうか・・・。
2006/08/29(火) 23:21:18 |URL|タクまま #PaK5/ZHM [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://hirokojlf.blog24.fc2.com/tb.php/36-0c44a1f9

■  プロフィール

タクまま

Author:タクまま
タクまま
翻訳(英訳・和訳)と英語教材作成を主な業務とする、Japan Language Forumという会社を自宅でやっています。
仕事以外のすべての時間を、最愛のタクに捧げる日々?を送ってます(笑)

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  カテゴリー

■  最近のトラックバック

■  月別アーカイブ

■  ブログ内検索

■  RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。